最近の記事

2012年02月02日

EXCLUSIVE model2402 のご紹介

こんにちは、ハードオフ高岡鐘紡町店でございます。

本日ご紹介するのは、こちらの商品!

P1020145.JPG

ハードオフ高岡鐘紡町店で一番高いスピーカーです。

TAD(Technical Audio Devices)のユニットを採用して開発された小型のコントロールルームや編集用として開発された、プロフェッショナルスタジオモニタースピーカーシステム。

低域には40cmコーン型ウーファーのTL-1601aを搭載しています。
アルニコマグネット使用の磁気回路と、軽量振動系の組み合わせ、そして振動支持系の初動感度を徹底的に高めたことにより、高能率を実現しています。
さらに、プロ用として要求される耐久性を向上するため、DRS(ダイナミックレスポンスサスペンション)思想を貫いた、動きのスムースな振動支持系と特殊なエージングコーンのカップリングで対応しています。
また、高耐熱のボイスコイルや効率の良い放熱設計と相まって、大入力長時間の使用にも、優れた耐久性を得ています。

高域にはドライバーユニットTD-4001とホーンTD-4001を搭載しています。
TD-4001は磁束密度20,000Gaussのアルニコ磁気回路と、直径10cmの大型ベリリウムダイアフラムの採用により、600Hz〜20kHzの広帯域再生を実現しています。
またTH-4001は、TD-4001の能力を発揮するために開発されたスタビライズド・ディスパージョン・ホーンで、従来の大型ホーンでは困難とされていた、10kHz以上での指向性改善に成功しています。さらに、実際の音場研究から得た指向性の効果的パターンを実現することにより、広いリスニングエリアを確保しています。素材にはイタヤカエデを用いています。

ネットワークにはTADのディバイディングネットワークであるTN-2を採用しています。
配線コードやチョークコイル巻線にOFC(無酸素銅)を採用し、OFCスリーブを使用したプレスジョイン式の結線、金メッキ大型ターミナルや高品質コンデンサーの採用など、徹底した低損失化、低リーク化を実現しています。
また、アースラインに起因するインターリーケージを除くためLF回路をバランスサーキット化し、さらにクロスオーバーでの音の濁りを一掃するためHF回路とLF回路を分離させるなど、各ユニットの性能を発揮させる、カスタム設計となっています。

エンクロージャーにはアピトン合板を採用することで高剛性化を図っています。さらに効果的なフレーム構造の補強を加えることで十分な強度を確保しています。

方式 2ウェイ・2スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
使用ユニット等 低域用:40cmコーン型(TL-1601a)
高域用:ホーン型(TD-4001+TH-4001)
ネットワーク:TN-2
再生周波数帯域 29Hz〜20kHz
定格入力 150W
最大入力 300W
インピーダンス 8Ω
出力音圧レベル 95dB
最大出力音圧レベル 120dB/m
クロスオーバー周波数 650Hz
外形寸法 幅660×高さ798×奥行614mm
エンクロージャー奥行:480mm
重量 93kg

家の中に居ながらオーケストラを聴きに行ってる気分になれることでしょう。
バブル期の往年の名機です。間違い有りません!!!

定価\900,000(1台、1999年頃)
店頭売価 898.000 (2台ペアの価格です。お買い得!!)

尚、オーディオ全般も随時買い取り募集中です。
名機と言われたオーディオは、今でも高額買取の可能性があります。
査定は、もちろん無料! 是非当店にお売りくださいませ。
それでは、宜しくお願いします。

TK
posted by ハードオフ高岡鐘紡町店 at 10:35| Comment(0) | オーディオ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。